ネットショップ開業のススメ2

昨夜はグッドドクターが観たかったので中途半端に切り上げましたが、ネットショップ開業に手を出してはいけない人の続きです。

「開業のススメ」と言っておきながら「やめておけ」「手を出すな」という、矛盾した記事で申し訳ありません。

さて、本題です。
こんな人もやるべきではありません。

ネットで買い物したことがない人

高齢の方に多いですね。

  • ケータイはガラケー
  • パソコンはあるけどめっちゃ古いWindows
  • 買い物といえば近所のスーパー、ちょっと遠出してイオン
  • そもそも家にインターネット環境がない

挙げればキリがありませんが、こういう人に限って「ネットで売れば儲かる」という謎の信仰を持っています。

確かにそんな時代があったかもしれません。20年以上も前ですが。

ネットで買い物したことがない人が開業しても、必ず失敗します。
購入者の心理がわからないから。

例え何十年と接客経験があろうと、顔の見えない人を相手にするネットショップは全然違いますよ。

新しいものを否定する人

よくいますよね。
時代の流れについていけない人。

最近でいうとキャッシュレス決済ですかね。

  • 現金じゃないと信用できない
  • クレジットカードは持ってるけど使ったことない
  • セキュリティが心配

そもそも法整備をせずにキャッシュレス化を推進し、○○ペイが増えすぎたことで混乱を招いてしまった政府が悪いのですが。

とはいえ、キャッシュレスは世界の流れなので、いつまでも現金に執着している人は完全に脳がガラパゴス化していると言えます。

インターネットの世界は情報が命。
常にアンテナを張り巡らせて、新しい情報を入手し取り入れていかないといけません。

すでに開業しているネットショップにも、時代についていけてないガラパゴス店舗は多く存在します。

営業電話で勧められたから開業したい人

「楽天の営業から電話がかかってきて、楽天市場で出店することになったから店舗デザインお願いします。」

何度この相談を受けたことか…。

営業電話の主は恐らく楽天の人ではなく契約代理店の営業で、契約件数に応じてマージンを貰ってる会社です。

「絶対に儲かる」「開業しないと損」などと無責任な営業で契約だけをとり、後は楽天のECコンサルに丸投げ。
ECコンサルは高額な広告を売りつけられ、一時的に売上は伸びても利益を圧迫し結局は赤字運営に…。
結局儲かったのは楽天と代理店だけ。契約の1年で撤退…。

そもそも、ネット関連の電話営業は信じてはいけない。

例えば、自社サイトを持ってる企業であればSEO関連の営業電話がよくかかってくると思う。
はっきりいって無視した方がいい。詐欺やマルチ商法と同列だと思っていい。

SEOが得意な会社ならSEOで集客するから、営業電話なんて絶対にしない。

ネットショップの営業電話も同様で、運営経験のない若い営業がノルマのために手当り次第電話してるだけだ。

本当に無責任極まりないと思う。

もし営業電話がかかってきてどうしても開業したくなったなら、ネットショップで成功している身近な人に相談してみてほしい。

そういった人がいなければ、ネットショップ運営に精通している制作会社に相談するのもいいでしょう。
ネットの知識はないけどデザインだけはカッコよく作るビジュアル系の制作会社も多いので、その辺はご注意下さい。

次回はいよいよ開業編!
開業するならどこで出すのが良いのか?